スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

想像することを想像してみる

20170424213157974.jpg


月に3〜4回は関西に出張があるのだけれど、新幹線は考えごとをするのにちょうど良い。日々を振り返る貴重な時間でもある。
今日のお土産はミスタードーナッツ。大学時代に友人とミスドで何時間も話し込んだことを思い出す。当日思い立った方から連絡して、夜の9時にミスタードーナッツに集合、深夜12時に閉店してから箕面の滝にドライブして朝日を見るまで喋るのが定例だった(小ネタだけど、大阪府箕面市のミスドが日本での1号店)。
あの無駄に時間があった日々が懐かしい。むしろあれは無駄な時間ではなく本当に必要な時間だったと、いまでは自信を持って言える。

いまリノベーションスクールでお世話になった建築家の三浦丈典さんの著書「こっそりごっそりまちをかえよう。」を読んでいる。その中では、「じぶんのいえでお店を始めるとしたらなに屋さんがいいか考えよう」がいまの自分にはしっくりと来た。

ここ数年で思ったのは、人は誰でも特技を持っているということ。商売じゃなくてもいいから、一人一人が特技や趣味を活かして少しずつまちと関わっていければ楽しい社会になるんじゃないかと思う。
近所の一軒家で、登った山の石を取ってきて、削って家の前に展示してある家があって、胸が熱くなるのを感じた。同じく近所に書道教室があるのだけれど、待合みたいな空間があって、子どもたちが自由に漫画を読んだりしているのを見て、無言のコミュニケーション、その場を共有している一体感のようなものが感じられて良かった。

人間に必要なのはやっぱり想像力だ。直感を研ぎ澄ませたい。いろいろやりたいことはあるのだけれど、まだうまく言葉にならない。
いつか住み開きもやってみたい。時間限定でブックカフェやギャラリーとして家の一部を使ってもらうような。濃厚な人付き合いを求めてるわけではないので、空間や本、ものづくり、自然、手触り感を通じて共感できるものがいい。

といいつつ、自分はゆっくりじっくり型なので、もしかしたらおじいちゃんになってからの活動になるかもしれないけど、自分の子どもたちやその周りの誰かに、想像する楽しさを伝えられれば、これ以上のことはないと思っています。

とりあえず、目の前の仕事をこなすのでせいいっぱいだけど、建築の仕事も一生懸命やっていきたいし、絵本や言葉を書くことも、地道にやっていきたいと思ってます。

それとは別に、最近90年代ミュージックばかり聴いてて、少しばかり歳も感じる今日この頃。

スポンサーサイト

2017.04.24 | 日々のこと'16-

«  | HOME |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。