スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

10年越しの欧州旅の記 その1

10年前のヨーロッパに行った時の手帳が出てきたので、これを機に少し整理。

■その1 2004年10月5日-10月15日

10月5日 はじまり
フィンランドの首都ヘルシンキまで飛行機で揺られること9時間。
ヘルシンキの気温は17℃。晴れていても肌寒い。
スティーブンホール設計のキアズマフィンランド現代美術館、石の教会テンペロアウキオへ。
あたりは17時でももうすっかり薄暗い。
アカデミア書店でまずは日記用の手帳を購入する。
初めてのユースホステルは、大部屋に二段ベッドがずらっと並んでいて、少しばかりの緊張感に満ちている。
ここでは自分も外国人のひとり。


10月6日 バルセロナの熱気
早朝の暗いうちからヘルシンキ中央駅前からバスに乗って空港に向かう。
7:55ヘルシンキ空港発、11:10バルセロナ空港着。ヘルシンキとうって変わって熱気が体にまとわりつく。
まずは日本人宿のチキートで荷物を預けたのち、ガウディ設計のグエル公園へ。
それから地下鉄に乗ってサグラダファミリア、カサミラとガウディ巡り。
夜はケンタッキーでセットを頼むが量が多く大味。口直しにミネラルウォーターを買って宿に戻る。


10月7日 Less is More
朝からミース・ファン・デル・ローエ設計のバルセロナパビリオンを往訪。
このミニマルな空間にするためにかけられた膨大な手間を背景に感じる。
続いてミロ美術館とグエル邸とゴシック地区にある大聖堂、ピカソ美術館。
途中で友人とはぐれるも一人でなんとか宿に到着。
DSCF0009.jpg

DSCF0001_20141207143332bca.jpg


10月8日 週末の祭
朝に駅で夜行列車を予約し、イグアラダ行きのバスに乗る。
目的はミラーレス設計のイグアラダ墓地。
傾斜した地形に不整形で少し過激な形態だけれど、どことなく落ち着きがある。
この絶妙なバランスは海外の建築独特のものがある。
DSCF0038_20141207143633e93.jpg

バルセロナに戻り、再びバルセロナパビリオンへ。
ここにずっといると自分が小さくなっていくような感覚に陥る。
とても不思議な感覚。
今日は週末の金曜日。辺り一面祭りのような賑わいで、日本の繁華街よりも気品があるのは非常に羨ましい。


10月9日 地中海の風
電車でスペインとフランスの境にあるポルトボウへ向かうが、誤って一つ手前の駅で降りる。日本と同じ感覚で、一駅くらい歩けるのではないかという希望的観測で歩き始めるが、途中で断念し、トンネルの手前で降りた駅に引き返す。
空はとても青く緩やかに風が吹いている。
初めて味わう地中海の風景。
ポルトボウで寝台列車に乗り込む。


10月10日 小さな都市
早朝4:44フランス南部の港町マルエイユに到着。
ここでの目玉はル・コルビュジエ設計のユニテ・ダビテシオン。
中には住居、店舗、ホテルが入っており、屋上には保育園・体育館・プールがある。
いわば一つの小さな都市として創られたもの。
街で少年たちのサッカーを観戦し、旧港に出てブイヤベース(地中海の海鮮鍋)を食す。
夜はユニテのホテルのバルコニーでパンと生ハムとワインとチーズで乾杯する。
夜風がとても気持ち良い。
1_20141207142315320.jpg

2.jpg


10月11日 光の造形
マルセイユからリヨンに移動。そこからメトロを乗り継ぎ、ラルブレル駅から丘を登って歩くこと30分、林を潜り抜けラトゥーレット修道院へ辿り着く。これもコルビュジエ設計。
複雑な建物ボリュームで切り取られた中庭、傾斜地を活かした軽やかな形態、絶妙なプロポーションの窓、コンクリート打放しの力強い空間とトップライトが生み出す光の造形。
思ったより長居してしまい、電車の時刻に合わせて坂を駆け下りる。
4.jpg

5.jpg

6.jpg

そうこうして、パリに着いたのは22時前。
マルセイユと打って変わってパリはとても寒い。
パリに住んでいる知人宅に泊めてもらう。


10月12日 パリを歩く
朝はまずコインランドリーへ。
朝食はソーセージとレタスをパンに挟んで食べる。
まずはジャン・ヌーベル設計のアラブ世界研究所へ。
透明感と妖艶さを持った不思議な建築。
続いてノートルダム大聖堂。
外観に現れているバットレス(大きな空間を外から支える梁)の異様さと、内部空間の荘厳さとの対比。
広場では数人の男性カップルが手をつないでいた。
オルセー美術館は駅舎を改修した美術館で、大空間のプラットフォーム跡を活かした展示空間と、大時計の裏の空間につくられたカフェが魅力。
DSCF0065.jpg

シャンゼリゼ通からり凱旋門を経由し、オーギュストペレ設計のアパートを外から見学。
ライトアップされたエッフェル塔は美しいとしか言いようがない。


10月13日 大地の彫刻
サンドイッチを買って列車に乗り込む。
今日の目的地はコルュビジエ設計のロンシャンの教会。
ロンシャン駅から歩いて行くが道を見失い、太陽の光を頼りに方角だけを確認しながら森を通り抜けて何とか到着。
大地から立ちあがったような力強い形態にふわりと空からかぶせたような屋根。
次の電車まで4時間あるので、ただただその造形に見入る。
芝生に寝転び外観スケッチ等。一人の少年が栗をくれたので、大事にポケットにしまう。
4時間列車に乗って22時前にパリに到着。電車でiPodを紛失。
10.jpg

12.jpg

15.jpg


10月14日 白の時代
今日はコルビュジエ設計のサヴォア邸を往訪。白いキューブに光がふんだんに差し込む。
コルビュジエが提唱した近代建築の5原則(1ピロティ 2屋上庭園 3自由な平面 4水平連続窓 5自由な立面)を具現化した建築。
とても70年前以上のものとは思えない。
9.jpg

8.jpg

続いてコルビュジエのブラジル会館とスイス会館へ。連日コルビュジエ。


10月15日 パリ最終日
朝からシュレーダー邸とチューゲンハット邸の見学を片言の英語で電話予約する。
この後の行き先地であるオランダのアムステルダムのホテルは予約できなかったので、行ってみるしかない。
列車に乗り、ドミニク・ぺローのフランス国立図書館へ向かう。
抽象的なガラスの4本のタワーとそれに抵抗するような荒々しい中庭の木々の対比。
DSCF0024.jpg

その後、ルーブル美術館へ。
ガラスのピラミッドがあるからこそ旧館の魅力も増す。
DSCF0054.jpg

ライトアップされたピラミッドを背に帰宿。

その2へと続く

2014.12.07 | 旅のこと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。